チアリーダー

チアリーダーってなに?

チアリーダーと聞いてどんな姿を思い浮かべますか…?

今ほとんどの人が思い浮かべたチアは私はできません。

まずは初級編!そもそもチアリーダーがなんなのかを紹介していきます。

チアリーダーと言われてイメージされやすいのは…

アクロバティックなことをするというイメージ

「チアやってます」と言えば、だいたいスタンツやピラミッドを組んで人を飛ばしたりする競技チアを想像されます。

チアダンで競技チアがフューチャーされたこともあるし キッズチアや大学チアのイメージは強いですよね。

「私はそれはできないんですけど…」と説明するのが 私の周りのチアリーダーあるあるです。

と言いつつ私も、チアって競技チアのことだと思っていました。

NBAを初めて観戦してNBAダンサーを見て「あれになる!」って決め、 まず日本でオーディションを受けた時もそれがチアリーダーって知らなかったんです。

ポンポンを持っているというイメージ

もう一つ多いのは「ポンポン持って踊るんだよね!」というイメージでしょうか。

確かにポンポンはチアリーダーの必須アイテムなんですが、NBAダンサーをしていた時は、シーズン通してポンポンを持ってパフォーマンスするのは年に1度くらいでした。

ポンポンは野球の応援でいうメガホンみたいな応援アイテムの一つなんです。

もちろんNBAでも応援する時や写真を撮るときなどはポンポンは常にマストアイテムです。

でも、ダンスにポンポンがマストかと言われると 必ずしもそうではありません。

いろんなジャンルのダンスを踊りますが、チアダンスと言われるジャンルのダンスを踊る時だけ ポンポンを持って踊っていました。

チアリーダーの定義とは?

ちなみにチアリーダーという言葉を検索してみると ”スポーツの試合などで、そろいの衣装を着て、華やかな応援をする応援団員”という説明が出て来ました。

確かに間違ってはいません…笑

日本ではチアガールという言葉も使われますよね。

でも、これは完全な和製英語です。

日本のスポーツチームでたまに使われるチアダンサーという言葉も和製英語なので、本場アメリカでは使われていません。

チアリーダーは大きく分けて3種類

競技チア

これが多くの人が想像するチアリーダーじゃないでしょうか。

ピラミッドのようなスタンツと言われるものを組んで人を飛ばしたり、チアダンスと呼ばれるジャンルのダンスを踊ったりするチアのことを競技チアと呼びます。

ドラマや映画になったチアダンはこの競技チアをモチーフにしたものです。

この競技チアはチアリーディングと呼ばれるもの。動きがどれだけ揃っているかが大切で、アクロバティックなこともするので身体能力が求められます。

ちなみに私はこの競技チアは一切できません。

応援チア

簡単にいうと、甲子園など高校野球のチアがこの応援チアです。

簡単なダンスは踊りますが、アクロバティックなことはしませんし、とにかく応援することがメインです。

私が高校で高校野球の応援チアをやった時は、ポンポンは持ったけど、ダンスを揃えろとも言われませんでした(本気のレベルじゃないというのもありますが…)。

とにかくチームを応援することが応援チアの役割です。

プロスポーツのチアリーダー

これが日本のプロ野球・プロバスケ・プロサッカー・アメフト、そしてアメリカで言えばNBA・NFL・NHLなどで活動しているチアリーダーです。

これらのチームに所属しているチアリーダーで、スタンツを組んでアクロバティックなことをするチームはほぼないでしょう。

日本はチアダンスの要素を取り入れたチームがほとんどですが、バスケではジャズやヒップホップの要素を取り入れたものを踊っています。

アメリカではNBAではチアダンスの要素はほぼありませんし、NFLもスタイルがヒップホップ寄りにはなってきています。

プロスポーツのチアリーダーも様々

はっきりした定義はない

こうやって書いていて言うのもなんですが、私自身もプロスポーツチームのチアリーダーが何かイマイチわかっていません。

チームによってダンスの特色は様々ですし、どの競技でチアをやっているかで応援スタイルやダンススタイルも異なります。

最近は日本のチアはアイドル化して、歌も歌うようなチームも出てきました。

私の個人的な考え方では、プロスポーツチームのチアは演出の一つじゃないかなと思っています。

各チームはお客さんを楽しませるためにいろんなイベントを考えているんですが、その一つがチアなんじゃないかなと。

現にNBAではNBAダンサー自体を無くして、男女混合のダンスチームを入れているところもありますし、私が在籍していたAtlanta Hawksもエンターテイメントチームを作って、その中の一つにダンサーを置いています。

オフィシャルダンスチームと呼んでいるチームも多い

冒頭でも触れましたが、私が初めて日本でチアのオーディションを受けた時、それがチアリーダーということは知りませんでした。

だって、「オフィシャルダンスチーム・オーディション」 って書かれていたので…(笑)

日本のプロスポーツのチア、特にプロバスケリーグであるBリーグ所属のチームの中にはチアリーダーではなく、オフィシャルダンスチームと称しているチームも多いです。

その場を盛り上げるのがチアリーダー

cheerとは英語で「応援する」という意味。

leaderは「導く人」という意味があります。

この意味から考えると、チアリーダーって応援することで人を導く人ですよね。

一口にチアリーダーと言ってもいろんなジャンルが今はあるんですが、私はチアリーダーとは 「観客をリードして試合や会場を盛り上げる存在」だと思っています。

どんなジャンルのチアだとしても、チアという言葉に関わっている以上、その応援やパフォーマンスで場を盛り上げ、観ている人がワクワクできる存在でいることが大切なんです。